FC2ブログ

はじめの一歩

はじめに~

2017年末、待望の定年を迎えた夫。
定年後の過ごし方を数年前から計画し、大工、ゴルフ、英会話、陶芸などなど、充実した日々を過ごし始めました。

今まで料理研究家の夫として、さんざん食べつくし、舌だけは(いやいや、身体もでした)肥えてしまい、
味にはうるさい?と思われるのですが、さて、作るとなると超初心者(洗い物は上級者です)
今までに作った料理は手巻き寿司、お好み焼き、焼肉、レバニラ炒め、野菜炒め。などよくある料理のみ。

時間もたっぷりあるし、私もそろそろ作り疲れたし、先に死んじゃうかもしれないので
夫に食事も自立してもらいたいと思っていました。
そんなタイミングで「きほんの料理」という初心者の方でもわかりやすい本を出版させていただいたので、
この機会に本の検証もかねて、夫にこの本の通りに料理をコツコツ作ってもらうことにしました。

今まで9回についてはFBにアップしたのですが、せっかくなのでブログで記録しようと。
徐々に成長する姿は学校で学生たちが料理上手になっていく姿と重なります。

食べることは一生ついて回ることなので、おいしい料理は人生を豊かにし、幸せにしてくれます。
夫が料理上級者になる日を待ちつつ、
夫のごはんをみていただけると嬉しいです。

テーマ : うちのごはん - ジャンル : 結婚・家庭生活

伝統野菜プロジェクト

もう10年近くやっている野菜の勉強。
以前は野菜の学校として月に1回いろいろな野菜をテーマに勉強会をしていましたが、
今は「伝統野菜プロジェクト」として活動しています。

8月21~9月1日まで馬喰町ART+EATで行われた
「見て、聞いて、食べて、知る 伝統野菜はおもしろい!」
というイベント。

大勢の方々にきていただき、いろいろなメディアにも取り上げていただいています。
私はほんの少ししか役に立っていませんが、パワフルな先輩方と一緒に
それぞれの地域に根付いた野菜と食文化を次世代に伝え、残すお手伝いができればと思っています。

こんな記事を書いていただきました。
ご一読ください。


伝統野菜はおもしろい


おいしい糖質オフレシピ216

西東社 「医師が実践するおいしい糖質オフレシピ216」

おいしいレシピ担当させていただきました。

世間では糖質オフは定着しているものの、OFFの仕方は様々です。
糖質を全くとらないものから、ゆる~いもの。カロリーOffのものなど、お医者さんによって考えも色々です。

この本を監修されている灰本先生は「高脂肪、低糖質」という考え方で実績をあげていらっしゃる先生。
えー、高脂質?! と思ってしまいますが、
糖質offの空腹感をなくし、リバンドを防ぐためには必要だというお考えです。

そこで、たんに揚げ物をふやしたり、炒め油を増すなんてことではなく、
あまり脂ぎった料理ではなく、おいしく食べられる油を多く使った料理をたくさんご紹介しています。

炒め煮にしたり、ひき肉に油を混ぜたいろいろと工夫した料理がたくさん。
リバンドしないで、メタボを解消したい皆さん!ぜひ試してみてください。

我が後輩「小島佐紀子さん」のデビュー本でもあります。
油を増やさなければ、毎日の献立にも大助かりです。
お手にとってみてくださいね。

表紙縮小

オレンジページ 7/2号

オレンジページ 7/2号 

子どもにとらせたい栄養もたっぷり!
フルーツを食べないなんて、もったいない!

というテーマでフルーツからとれる栄養や摂り方などについてお話させていただきました。
フルーツというと「おやつ」=し好品というイメージもあり、ちょっと贅沢?と思われがちですが、
私たちの体には大切なビタミンCや食物繊維もたっぷり含んでいます。

お肉や野菜と同様に、毎日食べたい果物。
色や香りもうれしい果物を、いつも手に届くところにおいておいてくださいね。

オレンジページ



太陽笑顔fufufu「三ツ星レシピ」

お久しぶりのブログ更新です(#^.^#)

ロート製薬 太陽笑顔fufufu「三ツ星レシピ」
アスパラと玄米みその特別コラボ編です。

ロート製薬さんから発売された玄米みそ。
有機JASマークを取得しているこの玄米みそには、γオリザノールや食物繊維もたっぷり。
粒々感があって、野菜スティックにつけて食べてもみそそのものがおいしいんです。
旨みがあるのでみそ汁に使う量も少な目で塩分カットにも役たちます。

こんな玄米みそと旬のアスパラをマッチンさせた今回の三ツ星レシピ

お弁当のおかずにもなる「アスパラの海苔ロール」や
ササっとできて酒の肴にもなる「ごまみそ浸し」「アスパラちくわロール」
をご紹介しています。
ぜひ作ってみてくださいね。

こちらをクリック↓
三ツ星レシピ