タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おいしく、楽しくcooking


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

肉離れのその後……

2012.03.15(16:36) 233

2月24日に肉離れをして早3週間。肉離れのおかげで、外出がほとんどできず
たのまれていた約130ページの原稿書きのお仕事は無事入稿までスムーズに終了。
何が幸いするかわかりません。ただ、椅子に座りっぱなし&左をかばいつつのため腰痛がひどくて、
大変でした。

さてさて、人体実験として何を食べれば治りが早いのか?!考えつつのこの3週間。
とにかく最初はタンパク質、タンパク質!と野菜食いの私が頑張って肉、魚、コラーゲンを
できるだけとりました。

5日ほどで松葉杖がなくても、ケンケン+びっこ状態でヒョコヒョコ歩けるようになりました。
こんなときは人の親切が身にしみますね。
ドアを開けてくれたり、支えてくれたり。
そうそう、雪がいっぱい降ってわが家の前が通行不能になってたのですが、
家の前の工事現場の大工さんが、きれいに雪かきしてくださり、
翌朝通れるようになっていたのにはビックリとともに、感謝、感謝でした。
私も見習って人に親切にしなくちゃ。とつくづく思いました。

1週間では長時間歩いたり、立っているのはちょっと無理。
電車に乗っていくのはとても不安です。
結局、仕事の打ち合わせや野菜がの学校の修了式も
申し訳ないのですが、キャンセル。
ひたすらおとなしく100m位先の整骨院へ通う&原稿がき の生活でした。

食生活はタンパク質を意識すると共に、毎食果物をとるようにしています。
ビタミンCは水溶性だから、毎食食べたほうが効果的。
じゃこ&チーズトースト、牛すじと大根のスープ、豆乳湯豆腐、などなど

10日ほどたつと、なんだかすごくよくなってきました。
1日、1日で結構かわるものです。
今までさわると痛かったふくらはぎが、あまり痛くなくなってきました。
まだ右足に体が偏っているので、右足と腰がいたくなりますし、
まだ普通に歩けないけど、そろそろリハビリ運動ができそう。という感じです。

足のサポーターを注文し、それをしながらなら
ゴルフから始めてよいと整体の先生にいわれたのが2週間後。
練習へ行ってみました。いや、ヘタがさらにヘタになってて、
足が痛いよりその方がショックでした。
でも足は大丈夫そう。

日曜日。コースへ。治りが早い!!と自分では自画自賛!
果たして18ホール周れるだろうかという不安を胸に

後半かなり足が疲れ、最後2ホール位で右足が痛い!
でも、なんとかホールアウトできました。が、その後靴にエアをかけていたら、
ツル寸前。そしてお風呂でとうとうつってしまいました。いたい、痛い

左でなく右。
知らず知らずのうちにかばってるかってことがよくわかりました。
家に帰っても右足全体が痛いこと。でも左は大丈夫!です。

結局はバキッとすごい音の肉離れでしたが、
1.最初の手当てが早かったこと
2.3日間は高たんぱく食にし、足はできるだけ動かさない
3.血行のよいしょうが、にんにくなどをとる
4.ビタミンCをとる
ことを気をつけ、なんとか2週間程度で普通に歩けるようになりました。

今度のもこともあり、スポーツを楽しく続けるための栄養、料理についても
勉強しようと思っています。がんばろっと。



おいしく、楽しくcooking


タイトル画像

肉離れ!?

2012.02.29(14:47) 231

な、なんと、先週の金曜日、テニススクールでレッスン中にバチッ!と音がして、
左ふくらはぎの肉離れ&断裂をしてしまいました。

あまりの音の大きさに自分でビックリし、すぐに練習を中止。
その場ですぐに15分ほどアイシングしてもらいました。

いつものとおり準備体操はしたのですが、割合早い時間からコーチとのマンツーマンレッスンに入り、
ほんといつもなら1番目でコーチとレッスンすることはほとんどないのに、たまたまじゃんけんにかってしまい
最初に相手に。こういうことはめったにないことが重なって起こることかもしれません。

あ~あ!!花粉症がよくなって外でもテニスが出来るようになったと思っていたら、
室内でも出来なくなっちゃいました!!

全く初めてでしたが、これは絶対肉離れだな、と自分でもわかったので、すぐに整体へいくことに。
こういう場合、普通は整形外科なのかもしれませんが、
まったく治療効果が望めない(お医者さんごめんなさい)ので、そくスポーツ治療にはつよい
いきつけの「あおい鍼灸接骨院」へ直行。

たまたまスクーターで行っていたので、なんとか乗ることができ、
怪我から30分程度で治療をうけることになりました。

まず、アイシングそのご電気治療。
最後はシップとグルグルテーピング。
かかとがつけないので松葉杖を借りて帰りました。

とにかく最初の3日間を安静にして肉をくっつけることが大切らしいので、
できるだけ動かないようにしています。とはいえ、主婦はそうもいかず、
夫がほとんどしてくれるというものの、どうしても自分で動くことに。
家の中でも初日は松葉杖、2,3日目はそこらへんに手をかけてつま先をつきながら
なんとか歩ける状態になりました。

あおいの院長先生から、ちゃんと治療的な食事を食べると治りが早いということを聞き、
「そうだ、管理栄養士なんだから、自分のメニューと自分の体でためしてみればいいや」
と人体実験することにしました。
さあ、中年おばさんが何ヶ月?何日で復活できるか、
ただでも起きない私は肉離れ復活チャレンジをします!

たんぱく質の再生と血行をよくすること、怪我に負けないからだ作りのための
栄養素
良質のたんぱく質、コラーゲン、ビタミンC、D、K、
カルシウム、鉄、亜鉛などを多めにとるようにします。
&運動不足になるので、エネルギーの制限も必要になります


初日は疲れ果てあまり食べたくなかったのですが、無理やり
ステーキでたんぱく質補給
パンにチーズをつけてとりました。

2日目。鶏のミートボール、鮭、いか入りのちゃんこ鍋。にんにくとしょうがと牛乳がベースなので、
かなり血行もよくなります。
寝る前にブランデーを少し入れた牛乳を飲みました。

3日目
昼は肉そば。
新田ゼラチンさんからサンプルでいただいた「コラーゲンペプチド」をココアにといて摂取。
これだと10gのアミノ酸をとることができます。
といっても体内でコラーゲンになるわけじゃないでしょうけど。
夜は鶏のムネ肉料理と魚のカルパッチョ。

愛媛から届けてもらった「はるみ」という柑橘を1日4個くらいのペースでビタミンCは補給しています。
さて、この先どうなるでしょう~
すでに500g体重は増えました。とほほ

おいしく、楽しくcooking


タイトル画像

謹賀新年 2012年 

2012.01.16(11:29) 226

あけましておめでとうございます。

といってももう今日は16日。
暮れから正月にかけては、仕事に家事にと息つく暇もなく、
ようやく今日から日常に戻れるかと思っています。

今年もカラダを鍛えつつ、体によくて、おいしい料理を皆様に作っていただけるように
頑張りたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

例年ですが、せっかく作ったおせち料理、夫しかみてくれないので、アップさせていただきます。
新作は鴨のグリル焼、父の好きな酢ごぼう、酢れんこん、山カブの酢の物(真っ赤なもの)
CIMG0365.jpg
CIMG0364.jpg
CIMG0363.jpg


今年は実家の親のために、1人用のお重も詰めました。
父が食べてくれてとてもうれしい正月になりました。

IMG_1066.jpg IMG_1067.jpg

「おいしい手料理は心をつなぐもの」であると信じて今年もがんばります!!



おいしく、楽しくcooking


タイトル画像

おいしい山形料理教室

2011.11.02(10:41) 222

久しぶりにお料理教室に参加しました。

山形、庄内の有名シェフ奥田政行氏が講師です。とても楽しみにして参加しました。

今日の料理は庄内浜でとれたち鯛をつかったアクアパッツア、野菜たっぷりのパスタ、
イチゴソースのパンナコッタです。
CIMG0282.jpg
材料の豪華なこと。この鯛1尾が1人分です。すご~い。
ウロコはひいてあり、内臓もとってあるので作業は簡単です。
CIMG0285.jpg

アクアパッツアは簡単にできるので、私もおもてなしのときに良く作ります。
奥田シェフはみずから「オタク」とおっしゃるだけあり、とても薀蓄があり、研究熱心です。
鯛の見分け方も目が大きいと周りをよくみてる、とか、コブのようにおでこが張っている鯛は
気が強くて先頭を泳いでいるとか、楽しいお話を伺いながらの教室でした。

パスタもアルケッチャーノでの看板料理の野菜たっぷりのパスタ。
CIMG0286.jpg
写真ではパスタがみえません。これだけ食べればもう十分。
材料は新鮮な庄内からの野菜。水菜やツルムラサキ、小松菜、にんじん、
そして極めつけのキュウリ。
これらをさっとゆでたものをパスタにまぜ、生を飾ります。
すごいボリュームです。

デザートはレモンの風味でさっぱり感のあるパンナコッタに、イチゴのソースをたっぷり
かけてあります。
各テーブルでの出来上がりです。
CIMG0288.jpg

大事なオイルを捨てちゃったり、ダメ生徒でしたが、
どれもおいしくて満足。なにより奥田シェフの研究、勉強に裏ズケられた自信、
「何でも聞いてください!」とおっしゃる姿勢がステキでした。

よい勉強させていただきました。そしておいしくて、ごちそうさまでした。


おいしく、楽しくcooking


タイトル画像

Mチャン結婚プチギフト

2011.06.17(16:01) 207

古くからの友人のお嬢さん、Mちゃんが6月12日、めでたく結婚式をあげました。
以前、内輪の会でウエディングシフォンケーキを作ってあげたMちゃんの本番の結婚式。

生まれる前から知っていて、ずっと仲良くしてくれたカワイイ娘のような子なので
何かしてあげたくて、プチギフトのクッキー「ポルボローネ」を作りました。

これはスペインの伝統菓子で、口の中でホロッと溶けるのが特徴のクッキー。
溶ける前に3回「ポルボローネ」と唱えると幸せになれるという幸福のお菓子。
形が崩れやすいので、なかなか売られていないクッキーです。

IMG_0922.jpg

当日のために300枚ほど焼きました。
IMG_0929.jpg

彼女のお母さんといつも一緒に集まっているもう一人の友人と3人で袋詰め。
IMG_0928.jpg

シフォンの袋に入れると、ちょっとかわいい

こんな天気なのでちょっと心配でしたが、なんとか皆さんにお持ち帰りいただいたようです。

結婚式に参列してくださった方々とKさん、Mちゃんの末永い幸せを祈っています。



おいしく、楽しくcooking


ひとりごと
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 肉離れのその後……(03/15)
  3. 肉離れ!?(02/29)
  4. 謹賀新年 2012年 (01/16)
  5. おいしい山形料理教室(11/02)
  6. Mチャン結婚プチギフト(06/17)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。