紫キャベツ

紫キャベツ
紫キャベツの紫色。これはアントシアンという色素で、ブルーベリーやナスと同じ。抗酸化作用があるとして有名です。このアントシアンは酸にあうとピンク色になることは多くの方がご存知だと思います。私も紫キャベツはさっとゆで、酢につけてマリネにして使うことが多いのですが、このアントシアン、緑になるのはご存知でしたか?
アントシアンはアルカリにあうと緑色になるんです。でも通常調理の中ではなかなかアルカリのものと一緒に調理することがなく、あまり見たことがありませんね。 
焼きそばやラーメンなどのかん水はアルカリ性なので、いっしょに調理すると緑色になるはずです。
先日野菜の学校の勉強をしているとき、このことを知り、挑戦したのがこの写真です。
焼きそばは思ったほどは緑色になりませんでしたが、ラーメンはなかなかのものです。写真は料理途中なので、所々しか緑色が見えませんが、最後食べる頃には麺とキャベツが緑色になり、ちょっと食欲減退か?!という状態でした。
科学の勉強をかねて、緑色のラーメンはいかがですか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)