08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

おいしく、楽しくcooking

管理栄養士・料理研究家 M-cooking-studio主宰 松村眞由子のブログです。 家庭で手軽にできる毎日の料理、季節を活かした手作り食品のレシピ、旅で見つけた食材や料理など、日々の食の楽しみをつづります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

食がいのちを救う 

昨夜、NHKのクローズアップ現代で、「食がいのちを救う」というテーマで最近の食事情を放映していました。最近の「食」については私も本当に哀しく思っています。

忙しいから、他に時間を使いたいから、お金がかかるから…などなど、理由はいろいろですが、食に対してあまりにも無関心、無感動すぎる。ただ「口に入ればいい」は人の食事ではなく、エサにすぎません。

人は食べることで生きるエネルギーを得ています。それは最低限のことで、その内容によって心身ともの健康が得られます。
どんなに体が疲れていても、心が疲れていても、美味しいものを食べたときは大小はあっても「幸せ感」が生まれます。そのことがもちろん体の栄養になるだけでなく、心を穏やかにし、精神の安定を生みます。
最近多くなった躁鬱や心因性の病気の人のほとんどは、きちんと食事取っていない場合が多いとお思います(私の身近な方たちの場合はほとんどでした。私も精神的に追い詰められることが何度もありましたが、ちゃんと食べてる限り大丈夫といつも思っていました)

喧嘩をしても美味しい食事があれば、仲直りできます。家に帰って食事をとるように、仕事をやりくりする努力を惜しまないでしょう。もっと食を大切にしてほしいです。

食事をつくることは、自分を思いやる、相手を思いやることに他なりません。
人も自分も健康に、そして幸せにする「食」をもっと大切にしていきたい、それをもっと人に伝えなくてはと痛感しました。
スポンサーサイト

Posted on 2009/10/30 Fri. 10:53 [edit]

category: ひとりごと

TB: 0    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanosiicooking.blog62.fc2.com/tb.php/42-96cda404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。