うぐいすきゅうり

今月野菜の学校ではいろいろな種類のキュウリを勉強しました。ブルームきゅうり、ブルームレス、四葉(すうよう)、四川(しせん)、加賀太きゅうり。学校で用意されたもの以外にも半白きゅうり、金沢あたりでした出回らない加賀太など。とても勉強になります。
 私のお気に入りは歯切れのよい四葉きゅうり、イボイボでごつい感じがしますが、サラダや丸かじりにはパキッとした感じで好みです。
スーパーで売られているブルームレスきゅうりは皮が硬くて粘りがある感じなので、私はついイボイボを買ってしまいます。
 そして今マイブームなのは半白きゅうり。地元なので私も頻繁に購入できるのですが、お漬物にすると、皮と実の差が少なくとてもおいしいんです!!糠漬けも浅漬けもOKです。
 国分寺農協では「馬込半白」というステッカー付でなんと3本100円で売られているのですが、このきゅうりのおいしさをアピールできていないのがとても残念。一般の方は食べ方を知らないため、色が白くて敬遠されがちなのか、こんなに安く売られていて、生産者の方に申し訳ない気持ちです。
同じキュウリでも種類によっておいしい食べ方があるので、ぜひ消費者にわかるように表示していただきたいものだとおもってしまいます。
 
うぐいすきゅうり
そして今日の写真は「うぐいすきゅうり」。新種の淡い色のキュウリです。細くて短め、皮があまりかたくありません。漬物にすると細いせいかちょっと頼りない感じになります。
多摩の瑞穂町の産直で購入しましたが、見かけたらぜひ召し上がってみてくださいね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)