やまもも

ヤマモモ やまももシロップ漬け
ヤマモモはモモという名はあっても、桃とはちがい、バラ科の高木です。背が高く、我が家も1本あるのですが、残念ながら雄。ヤマモモは雌雄別で実がなるのは雌だけなのです。
10年以上前に伊豆高原へ行ったときに、名産としてシロップ漬けを売っていて購入。高価だったのを覚えています。
 ところが去年、近所のいつもいく農家さんでヤマモモを売っていて、ビックリ!!国分寺でも買えるんだ!!とヤマモモほしい人リストに名前を加えていただきました。そして今年ちゃんと電話をいただき購入。
さっそくシロップ漬けと果実種をつくりました。
ヤマモモは生でも食べられますが、少しすっぱいのと種と実が離れにくく食べずらいのが難点。シロップ漬けにするとするっと種が取れて食べやすくなります。
冷蔵庫でかなり保存できるので、デザートや焼き魚の前盛りとして使っています。

シロップ漬け
<材料>
 ヤマモモ  500g
 砂糖     100g (ヤマモモの20%)
 水       ひたひた

<作り方>
1.ヤマモモは洗い、ヘタをとる。水気をふく。
2.鍋に入れ、ひたひたの水と1/4量の砂糖を加え、火にかける。
3.実がおどらない程度の火加減で3分ほど煮、1/4量の砂糖を加える。 これを3回続ける。途中アクはとる。

<ポイント>
一度に砂糖を加えると、実が縮んでしまうので、ゆっくりと加えてあげます。ふっくらとしたままのシロップ漬けができます。
消毒したビンにいれ、冷蔵保存します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)