江戸東京野菜コンシェルジュ

野菜の学校でもお世話になっている大竹先生が会長をされている
「江戸野菜コンシェルジュ」の勉強会が終了しました。
江戸東京野菜や食文化、生産者さんのお話など意義深い勉強をさせていただきました。

国分寺はこの江戸東京野菜を生産している農家さんが多くあり、
農協でも身近に購入することができる抜群の立地です。

昔ながらの野菜は、品種改良された野菜と異なり、アクがつよく、個性的な味。というか味があるのです。
でも品種改良された野菜に比べ、作りにくく手間がかかるり大変です
それなのに、土地にあった本来の味をもつ野菜を復活させようとしている先生方、
農家さんに頭が下がります。

私ができることなんて、ほんの些細なことですが、
この一生懸命に作ってくださった野菜を、おいしく食べる料理法をみなさんに
知っていただくことだと思っています。


まだまだ勉強中ですが、農家さんの顔が見える新鮮で、味のある野菜を
作り続けられるように、消費拡大にお役に立っていきたいと思っています。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)