宮城野菜

11月の野菜の学校のテーマは宮城野菜でした。

あの東日本大震災のこともあり、宮城は大丈夫だろうかと心配していましたが、
渡辺採種場さんなどのご尽力で、今回もいろいろな野菜がそろいました。
IMG_1015.jpg

仙台雪菜、芭蕉菜、白菜、小瀬菜だいこん、曲がりねぎ、唐とりいも

など関東にいるとあまりなじみのない葉もたくさん知ることができました。
雪菜や芭蕉菜は「アブラナ科」で、小松菜やタアサイに近い味の青菜です。
まだ寒さにあまりあたっていないので、甘みが少ないのですが、これからおいしくなる野菜。

仙台白菜はシャキシャキした食感がおいしい白菜です。
以前は東京方面に出荷するために駅ができたくらい盛んだったようです。

IMG_1016.jpg

小瀬菜だいこんは、根は20cmほどで、葉っぱがおいしい葉大根。
普通の大根の葉のようにギザギザしてないので、とても食べやすい葉っぱです。
野沢菜みたいですね。根はでんぷん質が多く、繊維も多いのですが、
ソテーして食べると絶品でした。

IMG_1017.jpg

その他、シロナや清国青菜など、まだまだ知らない菜がたくさんあります。

青菜といえば、一般的にゆでてお浸しにしたりしますが、
小松菜系のあまりアクのない青菜はお漬物にすることができます。

小松菜を4cmくらいに切り、ポリ袋に入れてレンジで30~40秒加熱。
しょうゆ、みりん、唐辛子を少々入れて少しなじませると簡単にお漬物ができます。

これから青菜がますますおいしくなる季節です。
手軽なお漬物もおススメです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)