タイトル画像

みきのくち(神酒口)

2011.01.07(16:02) 190

聞き慣れない名前ですよね。私も今年初めて知りました。
こんなんです。
IMG_6949.jpg
IMG_6948.jpg

先月30日に、車でうろちょろしている時、青梅の旧青梅街道で「八百清P」とあちこちに出ていて、注連飾りもほしいとちょっとよってみました。そこで発見したのがこの「神酒口」
木材を薄く削った経木をくんだもので、縁起物の正月飾りで神棚の徳利にさすものだそうです。
とても細やかな細工で、心ひかれます。これを作る方ももうあまりいらしゃらないようで、
これは残さなくっちゃいけないと思い、我が家も購入しました。

と、翌日の日経新聞の最終面の文化にこの神酒口のことが掲載されていてビックリ!
日本人の手先の器用さをあらわすような匠のワザ、新しい年を迎えるにあたっての想いなど、
失いたくないですね。

お料理でいえば「おせち」もなくなってはいませんが、買うことが主流になっています。
一つ一つに新しい年を迎える祈りを込めて手作りした「おせち」が世の中からなくならないように
したいもの。
もっと皆さんが自分で作ろうと思える、お店で買えない「おせち」をお教えしたいものです。
スポンサーサイト


おいしく、楽しくcooking


<<2011年1月料理教室 | ホームへ | 2011年おせち>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanosiicooking.blog62.fc2.com/tb.php/190-4db383e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)