タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おいしく、楽しくcooking


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

巨大牡蠣

2009.08.06(16:53) 19

「牡蠣はRのつく月しか食べられない」と、よく言います。岩がきは別ですがつまりは9月から4月まで食べ、5月以降は産卵期のため身がやせておいしくなかったり、食中毒になりやすいということで生食はしないのが常になっています。私も気にしていて、春夏はほとんど牡蠣をたべることはないのですが…

ハワイのスーパーにそれはそれは立派な大きさの牡蠣が売っていました。1ダース12個で15ドル。売り場の前でしばらく悩み、やっぱりやめました。
 が、その翌々日、やっぱり売り場の前にたち、今日はとうとう買っちゃいました。火を通せば大丈夫!!危ないものは売らないだろうなんて。
かき
ということで、オーブンで蒸し焼きすることに。コンドミニアムのオーブンは日本のオーブンの倍以上? 大きいものですが、牡蠣を並べると1面牡蠣だらけくらい大きい牡蠣でした。
蒸し焼きにして浅葱とレモンを用意し、食べる準備。

殻を開くと出てきた貝もBigで、ビックリ。これを1人6個食べて700円はかなり安い。あとはお腹を壊さなければOK(結局ぜんぜん平気でした)殻を開けると身の小ささにがっくりすることが多いのですが、今回はほとんど大粒、白ワインとあわせてしょうゆもたらしてたっぷりいただきました。

今日は牡蠣の開け方
牡蠣の殻はどこからナイフを入れてよいかわかりにくく、殻が重なっています。差し込めないときはキッチンバサミなどでたたききる(割る)ようにして隙間を作り、ナイフを入れます。
平らな殻を上にし、ちょうつがいを向こう側にして中央より手前左あたりにある貝柱を切ります。これを切らないとあきません。平らな殻に沿わせるようにナイフを行き来させると柱が切れて口があきます。

これらの作業は軍手をしたり、厚手のふきんで手をカバーすること。
木のまな板は傷づくこともありますからご注意を。なによりも無理して殻にナイフを入れようとして怪我をされないよう気をつけてください。
どうしてもあかないなら焼いちゃえばいいんですから。

しかしよく考えると時期ハズレな内容でしたね。岩がきでお試しを
スポンサーサイト


おいしく、楽しくcooking


<<マカダミアナッツ | ホームへ | アボカド>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanosiicooking.blog62.fc2.com/tb.php/19-6163c4a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。