マカダミアナッツ

ハワイといえば、コーヒーかマカダミアナッツ。今回はぜひどういう風に実がなるのか見てみたいと思っていました。

ありました!見ました!マカダミアナッツ。s-IMG_5161.jpg マカダミアナッツ2

丸くて緑色の実がついています。これが熟して茶色になって中をだすのかな??などと話していたら、さすがドトールさん。ちゃんとマカダミアナッツを割る機械がおいてあるではありませんか。割るしかないですよね。
皮のようなものを割ってみると、中には別に殻があり、更に割ると薄い黄色がかった白い実がでてきました。これを乾燥させるのか?食べられるのか?
と迷ったものの、ちょっとくらい食べても死なないよね。なんて、こわごわ白いものを口へ。
「これ、食べられそう」ということで、更に一口。もうひとつ割って更に一口。生は梨のようにシャリッとしていて、甘みもあり果物としても食べられるかんじです。(しかし、本当に実を生で食べてよかったのでしょうか?)

マカダミアナッツは脂肪分が77%近くあるのに、コレステロールを含まず、オレイン酸やパルミトレイン酸を多く含んでいるため、心臓病や脳卒中の予防に利用されているとのこと。日本では奄美大島で生産されているそうですが、現地へ行かないと食べられない、おいしい体験でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)