タイトル画像

パパイア

2010.04.22(10:18) 150

s-パパイア
パパイアのメス。丸みのある形です。
s-パパイアあぶ
沖縄料理の店「あぶ」のパパイアイリチー。柔らかい炒め物です。
s-パパイアイリチー
自宅で作ったパパイアイリチー。シャキッとした食感を生かしてさっと炒めています。
s-パパイアごまあえ
パパイアのゴマドレサラダ。塩もみしたパパイアにゴマドレッシングをかけただけ。歯ごたえGood
s-パパイアソムタム
パパイアのエスニックサラダ。タイのソムタムです。ナンプラー、ライム、干しえび、にんにく、唐辛子などを入れて作るサラダで、大好きなサラダです。野菜パパイアはこのサラダのためによく買っていました。
s-乾燥パパイア
乾燥パパイア。沖縄のファーマーズマーケットで買いました。もどしてもコシッとした食感は残ります。残念ながら裏をみたらタイ産でした。
s-パパイア入浴剤
パパイアの入浴剤。パパイン酵素を利用してツルツルになるそうですが…。はてさて

パパイアは黄色くなっても野菜でも大好きな果物?野菜です。タイでソムタムを食べてから○十年。以来300円台ならとりあえず買っています。
沖縄では家の庭にパパイアがあって食べているという感じ。市内でもかなり木を見ました。うらやましい~

パパイアにはオス、メス、両性の木があるってご存知でしたか?オスは実がつきません。メスは写真のような丸い実。
両性は細長い実です。また、ハウス栽培は中の種がないそうです。そういえば切ったときに中に種がないものとあるものがあり、どうしてなんだろう~?なぜなんだろう~?若いからかな?なんて思っていました。
パパイアの詳しい記事は「野菜の学校」でお世話になっている
クサマヒサコさんのブログ「野菜ノート」をぜひ参考にしてください。
http://vege.way-nifty.com/vegetable/2010/04/post-ee33.html

パパイアは沖縄では水にさらして使いますが、タイではそのまま使います。私も水っぽくなるので、さらさず使っています。今まではソムタム大好き!!でこのサラダ一辺倒でしたが、これからは炒めものや煮込みにもどんどん使おうと思っています。
ちなみにシチュー用の肉を2つにわけ、1つはパパイアをすりおろしてもみこみ、もう1つはそのままで煮たところ、明らかに柔らかさに違いがでました。煮豚やシチューに使えば時間短縮できそうです。
忙しい皆さん!パパイアで短時間で角煮が食べられるかもしれませんよ!!
スポンサーサイト


おいしく、楽しくcooking


<<ケール | ホームへ | にがな>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanosiicooking.blog62.fc2.com/tb.php/150-a321c9ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)