09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

おいしく、楽しくcooking

管理栄養士・料理研究家 M-cooking-studio主宰 松村眞由子のブログです。 家庭で手軽にできる毎日の料理、季節を活かした手作り食品のレシピ、旅で見つけた食材や料理など、日々の食の楽しみをつづります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

桂花陳酒 

きんもくせい酒の続きに、中国酒の「桂花陳酒」を作ってみたくなりました。
きんもくせい酒と同様に花を摘み、今度は白ワインにつけました。
白ワインは安いもので十分。甘みのあるワインなら不要ですが、ほんの少し砂糖を加えると売っている桂花陳酒に近い気がします。
ワインはアルコール度数が低いので、冷蔵庫で保存し数日で飲んでしまったほうがよいようです。
きんもくせい酒より、はかない今だけの楽しみです。

<材料>
きんもくせいの花………10g
白ワイン………300ml
砂糖………お好みで小さじ1~2

<作り方>
きんもくせい
1.花が咲き始めの頃に花のみを摘む。
さっと水洗い
2.さっと水洗いし、よく水気をふきとる。(洗わなくてもよいと思えるなら、洗わないほうがよいようです)
桂花陳酒1
3.白ワインに花を加え、3~4日冷蔵庫に入れます。翌日でも香りはかなり移っていました。好みでお砂糖を少量
桂花陳酒2
4.こす。(早めに飲みきってくださいね)

<メモ>甘めのワインの方がむいている気がします。その際は砂糖は不要です。
スポンサーサイト

Posted on 2009/10/13 Tue. 17:39 [edit]

category: 果実酒

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanosiicooking.blog62.fc2.com/tb.php/15-c0d6e459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。