ハンダマ

s-ハンダマ ハンダマ畑 力強く成長している

s-ハンダマ ハンダマ 茎が太く、葉が厚い

s-ハンダマごはん2 ハンダマごはん  刻んだハンダマ、塩、酒を少々入れて普通に炊くと紫色に

s-ハンダマのごまドレッシング ハンダマサラダ  生のまま、ゴマドレッシングで

ハンダマ=金時草、水前寺菜ですが、まるで違うような厚みと茎の太さです。
種類が違うのかとおもいきや、園芸家のOさんから同じであると教えていただきました。
沖縄の太陽をいっぱい浴びて、丈夫に育っているのでしょうね。そういえば今スーパーなどにでているピーマンも沖縄産と茨城産では倍ぐらい大きさが違います。同じ品種かどうかはわかりませんが、全体的にBIGにできるのかもしれませんね。

葉の紫赤はポリフェノールを含み、抗酸化作用があるといわれる。紫色はアントシアニンです。
カルシウム、鉄分を多く含み、沖縄では血の薬、不老長寿の薬と言われ、増血、止血、貧血によいとされてきました。
女性にはありがたい野菜ですね。

わたしは今までゆでてヌルっとしたおひたしにして食べていたのですが、沖縄では生で食べられていました。
定食の副菜やサラダとして一般的で、ゴマのドレッシングをかけて食べるととっても美味しいんです!!
これからは生で食べようと思います。色もアクセントになるので、他の葉物と混ぜてもいいですね。

もうひとつ沖縄の方に教えていただいた簡単料理。ハンダマごはんです。
ハンダマを刻み、塩、酒を加えて普通に炊飯器で炊くだけです。簡単で紫色のきれいなご飯ができました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)