09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

おいしく、楽しくcooking

管理栄養士・料理研究家 M-cooking-studio主宰 松村眞由子のブログです。 家庭で手軽にできる毎日の料理、季節を活かした手作り食品のレシピ、旅で見つけた食材や料理など、日々の食の楽しみをつづります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ゴーヤ畑 

s-ゴーヤの花  s-ゴーヤの実の赤ちゃん
s-ゴーヤのハウス  s-ゴーヤ
沖縄野菜といえば、ゴーヤ。
今ではすっかり夏の味として定着しましたが、少し前まではあんな苦いものは、ほとんど食べられませんでしたね。
人間って怖いもので、慣れると美味しく感じます。
ゴーヤのハウスにご案内いただきました。ひろ~い。ゴーヤが一面に広がります。このハウスでは、3Mごとに植え付けし、6ヶ月位は実がなり続けるそうです。
実を付けはじめた頃の若い実のほうが、ハリがあってきれいです。

かわいい黄色の花がつき、写真のような実ができて、どんどん大きくなります。
現在は運搬してもいたみにくくなるように先が丸くなるように研究中だそうです。確かに時間がたつとしんなりしてつぶつぶが黒くつぶれてきますね。農家の悩みはハウス内の暑さとみんなが作るから、あまり売れなくなったこと。
2月なのにハウスの中はすでに40℃近くです。
そしてゴーヤは夏になると緑のカーテンとして学校や官公庁などでもよく作られますね。でもスーパーでも1年中見かけるようになったとおもったら、沖縄ではハウスで栽培していたなんて。路地のイメージでした。

選び方としては、
肩がはっていて、太さがあり、つやのあるものだそうです。
栄養・効能
苦味のモモルデシンが肝機能を高め、胃腸を刺激して食欲増進に役立つ。
ビタミンCを多く含み、レモンの4倍もあり、加熱に強いといわれています。
基本調理法
縦半分に切り、種とわたをとる。生、炒め物、フライなどに。

そういえば、去年の野菜の学校の受講生の方から「ゴーヤのかりんとう」の作り方を知りませんか?とたずねられ
そのときはわからなかったので、試行錯誤して翌月もっていたったことがありました。
ゴーヤのかりんとうというか、甘納豆というか、苦くて甘くて結構いけました。

スポンサーサイト

Posted on 2010/04/10 Sat. 09:33 [edit]

category: 沖縄野菜

TB: 0    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanosiicooking.blog62.fc2.com/tb.php/141-8c9d1c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。