タイトル画像

げんげ

2009.05.18(09:20) 135

s-げんげ

「幻魚」とかいてげんげ。富山あたりでしたみられない魚です。もともとの意味は 幻の魚ではなく、外道の外か下等の下。つまり「下の下」だそうです。

コラーゲンがいっぱいありそうなぬるっとしたげんげは、深海魚だそうで、富山ではこれをぶつ切りにして味噌汁の具にしたり、揚げ物、干物て食べます。
身は白くてキスのようですが、一味ちがううまみがります。特に干物にすると味の違いがよくわかり、なんともいえない甘みのようなものが感じられます。焼くときは身が薄いので注意しないとすぐにこげてしまいます。頭も中骨も食べられおいしいですよ。

揚げ物にするときは皮をはがしてから揚げるそうで、ヌメっとしている分大変だろうなあ。と想像しつつ、おいしくいただきました。ゴチでした!
スポンサーサイト


おいしく、楽しくcooking


<<さす | ホームへ | ほたるいか>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanosiicooking.blog62.fc2.com/tb.php/135-0ca911f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)