08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

おいしく、楽しくcooking

管理栄養士・料理研究家 M-cooking-studio主宰 松村眞由子のブログです。 家庭で手軽にできる毎日の料理、季節を活かした手作り食品のレシピ、旅で見つけた食材や料理など、日々の食の楽しみをつづります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

きんもくせい酒 

今日は連休最終日。お天気もよく、公園へ散歩に行きました。どこへ行っても「きんもくせい」の香りが漂い、とても素敵です。
「きんもくせい」はワインにつけると中国酒の桂花陳酒。私はこの時期「きんもくせい酒」をホワイトリカーで作ります。
花の香りがしてくる頃になると、気がはやります。きんもくせい酒は花が開ききる前の、咲き始めのころの花がよいといわれているためです。去年は木に張り付いて花をとりましたが、とてもシンドイので、今年はずるをして枝ごときり、カップ1杯ほどの花をとりました。
最初は金黄色のきんもくせいの色ですが、日ごとに濃い色にかわります。なんといっても香りがすばらしく、このまま食後酒として、杏仁豆腐のシロップに混ぜる、牛乳に入れるなどいろいろな使い方ができます。
今しかできない「きんもくせい酒」作ってみませんか?

きんもくせい酒
<材料>
きんもくせいの花 ……… カップ2(50gくらい)
ホワイトリカー   ……… 300ml
氷砂糖       ……… 50g

<作り方>
きんもくせい
1.花が咲き始めの頃に花のみを摘む。
さっと水洗い
2.さっと水洗いし、よく水気をふきとる。(洗わなくてもよいと思えるなら、洗わないほうがよいようです)
漬け込み状態
3.ビンを少量のホワイトリカーで消毒し、花、リカー、氷砂糖を入れる。

4.一ヶ月ほどしたら花をこす。

1年後
5.1年たった状態です。色はとろりとしたブランデー香りはきんもくせいです。少し甘めなので、ドライがすきなら砂糖を30~40g程度にしてみてください。
スポンサーサイト

Posted on 2009/10/12 Mon. 16:14 [edit]

category: 果実酒

TB: 0    CM: 0

12

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tanosiicooking.blog62.fc2.com/tb.php/11-55dfdaad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。