09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

おいしく、楽しくcooking

管理栄養士・料理研究家 M-cooking-studio主宰 松村眞由子のブログです。 家庭で手軽にできる毎日の料理、季節を活かした手作り食品のレシピ、旅で見つけた食材や料理など、日々の食の楽しみをつづります。

10月が終わっちゃう! 

本当に更新しないブログで申し訳ありません。
気がついたらなんと10月もあと3日で終わり。今年はこんな状態が続いています。
とにかく専門学校で教え始めたことが、もっともこの忙しい状態を作っている最大の原因。
新しい授業を2科目担当させていただいているのですが、人に話すための勉強は考えていた以上に時間がかかります。
90分の授業の準備に数倍の勉強が必要。
今まで当たり前に話していたことも、学生に話すとなると再度調べ直し、間違っていないか確認しています。

私の授業は食品学なので、教科書を使って話をしてもピンときません。
現場主義の私としては、現物をみて、触って、食べてみないと、自分で使ってみよう、食べてみようと思えないのではと思い、学生にもテーマ食材を持参するように言っています。

前回、米の授業では各自でごはんを持参してもらい、グループに分けて食べてみました。
青森、北海道、茨城産の米、分つき米あり。
自分だけでは経験できないことも、学校にもってくることで30倍の経験を積むことができます。
味の記憶は、頭だけで理解するよりずっと効果的だと思っています。

私は、私自身も初めてイタリア米を普通に炊いて持っていきました。
リゾットにしてしまうイタリア米を、日本米と同様に炊く。
で、結果は散々。まずい!ぼそぼそ。甘みがない!
いかに日本の米はそのままたべておいしいのか実感!
日本人として、日本の米のありがたさに感謝!!!
しました。
こんな経験ができて本当に良かったです。

正直大変な毎日ですが、学生と共に学び、成長していきたいと思っています。
いくつになっても勉強は大切ですね

スポンサーサイト

Posted on 2013/10/29 Tue. 09:47 [edit]

category: 仕事

TB: 0    CM: 0

29