タイトル画像

野菜の学校2012

2012.04.13(10:07) 234

先週の土曜日は、2012「野菜の学校」のスタートでした。
初回というのは、本当に緊張します。
初めての方々が多く、今までとはまた違った雰囲気です。

今回は伝統野菜を引き続き勉強するということで、「江戸野菜2」
江戸東京伝統野菜研究会の大竹道茂先生が講師です。

食べ比べはのらぼう菜。かき菜、菜花。
同様にゆでたものの見た目、食感、香り、食味などを比べます。
「おいしい」は禁句。なので、表現がむつかしいです。

自分の味覚は違うんじゃないか、間違ってるんじゃないかと思うと
もう怖くなってしまいます。私もいつもドキドキです。
でも、味覚は人ぞれぞれなので、好き嫌いに正解はありません。
そういうとらえ方もあるのか?!と素直に思えばいいんです。
なかなかなれませんけどね。

私はその日の野菜を中心に、栄養や調理についてお話するのが担当なのですが、
いつも時間が足らなくなり、時間調整で話す時間が無くなってしまいます。
とにかく、せっかく来ていただいた参加者の方々に、
1つでもお役に立つ話ができればと思っています。

野菜の特徴やバックグラウンドを知ると、野菜がますます魅力的なものに見えます。
今年の冬は長く、野菜の生育が不安定で、勉強会も本当に野菜の調達が大変ですが、
次回もよりよいものになるようにスタッフ一同頑張っています。

ぜひのぞいてみてください!!

内容申し込みは
野菜の学校

学校の様子はこちらから
クサマヒサコの野菜ノート



スポンサーサイト

おいしく、楽しくcooking


2012年04月
  1. 野菜の学校2012(04/13)