おいしいソース料理教室

第5回「おいしいソース料理教室」が、とうとう終わりました。

今年は11月6日の大阪をかわきりに、東京、名古屋、福岡、仙台の5ヶ所で7教室を開催しました。

今回はガス会社の教室をお借りしての開催でしたので、すべて条件、状況が異なり、それぞれの会場にあった材料、道具など臨機応変さが問われる日々。正直大変でしたが、とても勉強になりました。
IMG_0682.jpg

なにより、作ったシチュー、サラダ、アップルパイを残さず食べていただけて、
参加者の皆さんから驚きとおいしい!!の声をたくさんいただけたことが、
本当にうれしく、ありがたく、感謝、感謝です。

ソースのことをよくわかっていただき、かけるだけではない、使い方も知っていただけたと思います。
ぜひ、家でも作ってみてくださいね。
作り方などは日本ソース工業会のHPをみてくださいね。
//http://www.nippon-sauce.or.jp/guide/index.html
東京ガスのスタジオ+Gでの教室風景

私は普段、雑誌などの料理をつくったり、自宅でも少人数の教室をしていますが、
このように外にでて、大勢の方といっしょに、
作ることを楽しみ、おいしい笑顔を見せていただけることが、何よりの楽しみ、喜びです。
いっしょにゆで卵の飾り切りをしたり、アップルパイを作ったり。
とても楽しい時間をすごさせていただきました。

このような機会を与えてくださった、日本ソース工業会、各企業の皆様、
会場をお貸しくださった、各ガス会社の皆様
参加してくださったたくさんの親子の皆様
一緒に苦労してくださったスタッフの皆様

皆々様に深く感謝いたします。
ありがとうございました。

スポンサーサイト

おかずラックラク! 11-12月号

IMG_6881.jpg
今月号の担当は、キッシュ、おつまみ、牡蠣です。
キッシュは持ち寄りパーティなどにはピッタリのおかず。見栄えもいいし、なによりおいしいし。
よく考えると洋風卵焼きみたいな感じですが、ワインにピッタリです。
今回は皮に注目! パイシートあり、春巻きの皮あり、紙型、陶器ありと
おうちで作りやすく、バラエティのあるキッシュにしました。
IMG_6883.jpg

「おつまみ」は酒飲みの家では毎日?の料理。普段の材料で、ちょっとつまめるおつまみです。

年末年始、クリスマスやお正月に作ってみてくださいね。

ステキな出会い

先日出張帰りの新幹線での出来ごとです。

11月は仕事がかなり詰まってしまい、電車の中でもパソコンでレシピを作らないと間に合わない日々。
体は疲れているのに、でも頑張らないとと、かばんからパソコンを取り出しました。
と、窓際に座っていた若い女性が、「パソコンをされるなら、席をかわりましょうか?」
とのありがたいお言葉をいただきました。ビックリするやらうれしいやら。
その後少しお話をしましたが、とてもステキな方でした。

最近、人のことを気遣ってくださる若い方が少なくなっているので、こんな言葉をかけてくださって
とてもうれしかったんです。
私は仕事でかなり心が参っていて、とても暗い気持ちで新幹線に乗っていのたですが、
こんなステキな出会いがあると、心がとても癒されます。

そういえば、少し前にも大切な友人が盲腸破裂で入院し、
ご家族の食事を少し差し入れさせていただいたのですが、
食事を取りにきてくださった友人の息子さんが、
とても優しくて、しっかりしていて、心使いでのできるステキな彼だったんです。

私も「人」が先、「みんなが幸せなら、自分にも幸せがくる」と
思って行動しようとは思っていますが、なかなか理想通りにはできません。

自分勝手、自分中心で考える人が多い時代、「思いやり」「心遣い」ってなに?
と考えることが多いのですが、若い方の中にも「人のために」ができる人がいて少し安心しました。
彼らが生きにくい世の中になりませんように。






第5回  親子でつくる、おいしいソース料理教室

今年も始まりました「親子でつくる、おいしいソース料理教室」
昨年に続き、東京、大阪、名古屋、福岡、仙台で開催します。

第1回は大阪。とてもきれいな教室です。

この教室は去年から担当させていただいていますが、元気な子供たちに料理の楽しさや
おいしさが伝えられるよい機会だと思って楽しみにしています。

ソーススープシチューを作りましたが、シチューを食べないというお子さんが残さず、
それもシチューの汁をパンできれいに残さず食べてくれたのには、お母様も私も感激!!
お母様も絶対作ります!とおっしゃってくださり、良かった。っとホッと肩をおろしました。

今週もがんばります。

10月のお教室

今頃なに?の10月のお教室だより 

先月末は「春巻き」「くらげの酢の物」「中国風コーンスープ」
でした
IMG_0619_1.jpg

春巻きは売っているものだと中身が少なくて、なんだかのりっぽいものが多くておいしくありません。
なにより揚げたての春巻きをハフハフいいながら食べるのはとっても幸せ。

私は大学生で1人暮らししていたときから作っていたらしいです。というのも大学の友人が私のアパートで春巻きを食べたのが忘れられないと言っていたため。
母が作るのをいつも手伝って、いやいや、手伝わされていたおかげで、1人暮らしを始めても特に困らずに食事の用意をしていました。今のようにコンビニやお惣菜があるわけではなく、肉屋さんのコロッケとか、中村屋のあんまん、肉まんとかが買える程度の時代でしたから、自分で作るしかなかったこともあります。

なので、得意料理の1つかもしれませんね。私のは海苔を入れるのか特徴かな。味もよく巻きやすくなります。
IMG_0617_1.jpg

くらげの酢の物はちょうど夫が台湾出張へいったため、くらげの頭を入手できたのでそれと一般に売っている切ったくらげ、南方系のくらげの3種類を食べ比べしました。
くらげの頭はコリコリ感がぜんぜん違います。南方系のくらげって何??と思いますよね。くらげもいろいろな種類があるんですよ。写真の左の方のプリッとしたくらげが台湾で入手したものです。
IMG_0616_1.jpg

中国風コーンスープは手早く、あっという間のスープ。汁物は意外に何にするかワンパターンになり、迷う料理の一つですね。お手軽スープです。
IMG_0618_1.jpg