09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

おいしく、楽しくcooking

管理栄養士・料理研究家 M-cooking-studio主宰 松村眞由子のブログです。 家庭で手軽にできる毎日の料理、季節を活かした手作り食品のレシピ、旅で見つけた食材や料理など、日々の食の楽しみをつづります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

くりたけ 

これが話題のくりたけです。

くりたけ

売っているパックのそばに、きのこを鑑定した人の名前がちゃんとあり、
いわゆる証明書付で売っています。やはりちょっと怖いですものね。
でも、買ってたべなくっちゃと思うは、サガというものでしょうか。
信じていても、「にがくりたけ」ではありませんように。と祈りながら食べました。
大丈夫でした。(当たり前ですよね)
少しほろ苦いかんじかな。

これは天然なめこといっしょにきのこ汁としていただきました。
なめこも天然は栽培ものと違っておいしい!です。なめこ
スポンサーサイト

Posted on 2010/10/24 Sun. 09:31 [edit]

category: 山菜

TB: 0    CM: 0

24

きのこ 

今年はきのこ類が遅くなって豊作だとか。
でも世間で話題になっているように、毒キノコは心配ですね。

先日仕事の疲れを癒しに草津の湯に使ってきましたが、その道々で生産者の店にちょこちょこ寄ってきました。
で、いろいろきのこが出ています。
まずは「マツタケ」
まつたけ
毎年韓国産か中国産しか口にできなかったのですが、今年は豊作で半額!につられてつい、買ってしまいました。
やはり香りが違いますね。
私は土の香りで韓国か中国を嗅ぎ分けていますが、ちょっと泥臭い気がします。それに比べて国産はあまり泥臭くないような気がします。
幼いときは、親類の山でマツタケがでるので、よくいただいて食べていました。
焼マツタケ、土瓶蒸し、マツタケごはん、茶碗蒸し。
今回は炭火を用意して焼くことに。でもちょっと香りが弱くてとても残念、1本だけにしました。
のこり1本は土瓶蒸しにしようと思いましたが、ちょっと人に差し上げたくてマツタケご飯に。
すっきりとした味のマツタケご飯になりました。
(写真をとる前に人にあげちゃいました!)

Posted on 2010/10/23 Sat. 11:21 [edit]

category: 山菜

TB: 0    CM: 0

23

Co-CoLife 

新しく「Co-CoLife」という障がいをもつ人たちの 社会への繋がりを支援するこころのバリアフリーマガジンの
料理ページを担当させていただくことになりました。
読者の方々、よろしくお願いします。
IMG_6879.jpg

この表紙の笑顔でもわかるように、皆さん元気に一生懸命頑張ってます。
私も料理を通じて、頑張っている皆さんに「おいしい!」の笑顔を増やせるように
頑張ります

今回は火を使わず、豪華にでもとっても簡単にできる
「ステーキ肉のローストビーフ」をご紹介しています。
IMG_6880.jpg

電子レンジは温めるだけではなく、使い方でいろいろな料理ができます。
安全にできる点では便利ですね。
付け合せもレンジ加熱だけ。
こんな手軽な料理でお友達や家族と楽しい時間を過ごしてくださいね

Posted on 2010/10/22 Fri. 11:15 [edit]

category: 仕事

TB: 0    CM: 0

22

ポポー 

ポポーって、ご存知ですか?

原産は北アメリカ東部の中~北部地帯で、バンレイシ科。
以前、庭の木を入れ替えるときに、食い意地のはっている我が家の候補になった木です。
耐寒性が強く、ほとんどの地方で栽培ができる果樹だそうです。でも、どんな果実が実は食べてみたことがなく、耳学問だったのですが。

めちゃくちゃ忙しい仕事の山を越えたご褒美に、草津の湯に浸かった帰り、
生産農家の市場で見つけたんです。ポポー。写真でみていたので、果実の形は知っていましたが、
どんな味なのか興味深々。
果実に強いエスニックというか南方系の香りがあります。すごい香り。好き嫌いが分かれるかも。

IMG_6876.jpg
見た目は緑色~黄色になった「あけび」みたいです。
色が茶色になったものから食べてくださいと言われました。

皮をむいてみると
IMG_6877.jpg
マンゴーのようです。
中はタネが並んでいます。
IMG_6878.jpg

味はバナナと梨をたしたみたいかな?ドリアンみたいかも。
ジャムできるかな?種はポポー酒にチャレンジしてみます。
どんな味のができるか楽しみです。

生以外の食べ方をご存知の方、ぜひおしえてくださいね。

Posted on 2010/10/20 Wed. 15:08 [edit]

category: めずらし野菜

TB: 0    CM: 0

20

飛騨野菜 

10月の野菜の学校は「飛騨野菜」
私も岐阜県出身ですが、美濃というか東濃出身で、飛騨高山地方とはずいぶん離れているので、文化がかなり違います。東濃地方はあまり雪がふらず、寒いだけです。
その上18才で上京して以来、○○年も東京人なので、
知っているのは「赤かぶ」くらいです。
でも、言葉は通じるんですよ。「えらい」は共通語(偉いではなく、しんどいという意味で使います)

岐阜から生産者、農林事務所、高山水産青果の方が5名来てくださり、お話と料理も作ってくださいました。

飛騨野菜
手前のヘチマのような大きいものは「すくなかぼちゃ」です。大きい!栗のようにほっこりしたおいしいカボチャです。
このほか、ささげ、赤かぶ、エゴマ、なつめなどをお持ちいただきました。
なつめは韓国や中国ではポピュラーですが、日本では乾燥品くらいでなかなか生では手にはいりません。
生でいただくと、青リンゴのような梨のような、なんだか野山に遊びに行って食べた気になりました。
飛騨では甘く煮てデザートなどにされるようです。

同じ県でもところ変われば、野菜もかわります。今度は美濃地方の「菊芋」「ヤマゴボウ」などもご紹介したいものです。

Posted on 2010/10/18 Mon. 15:08 [edit]

category: 野菜の学校

TB: 0    CM: 0

18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。