帰国パーティ

土曜日に以前の職場の後輩がアメリカから帰国した歓迎会をしました。

とても素敵で美しい友人が集まりました。
おもてなし料理は献立を立てるまでが大変。何にしようか、以前は何をお出ししたか?など
悩みます。
今回は「大人の野菜が食べたい」「野菜がたっぷり食べたい」というテーマをいただいたので、
とても献立が立てやすくなりました。

ちょうと伊豆へ買出しに行き、わさび、ふきが手に入ったので、
わさびしょうゆ漬け、三杯酢、わさび漬けなどいろいろな前菜をつくりました。
銀杏、赤ネギ、アイスプラント、くわいなど、大人の野菜たっぷりです。
試作も入れさせてもらいました。笑顔

今年はバタバタしてあまりお客様をおよびできませんでしたが、久々に献立をたて、
いろいろ作れて楽しかったです。
わさび漬けが意外に人気。簡単に作れ、手作りで添加物もなく、自分流に味が調整できるのでいいですね。
大吟醸の酒粕がある時期のおススメ手作り食品です。
そのうち作り方もアップしますね。
献立表


前菜  前菜

タジン いろいろ野菜のタジン蒸し

スポンサーサイト

クリスマス料理

12月の料理教室はお正月かクリスマス料理かどちらかです。
去年おせちだったので、今年はクリスマス。
ローストビーフをいうリクエストがあり、レシピもおこし、試作をすべくスーパーへいったのですが、牛肉のかたまりなどどこにもみあたりません。4件くらいまわりNG。
おうちでできないと意味ないので、もっと手軽にローストポーク&りんごソースにしました。お子供さんがいるのでちょっと酸味と甘みのあるりんごソースにはポークにはぴったりです。
マリネをすると、安いお肉もとってもおいしく、柔らかくなります。
ローストポーク  とってもジューシーに焼けますよ。

パスタはブロッコリーとえびのクリームパスタ
ショートパスタはのびにくく、食べやすいのでパーティにはぴったり!
ブロッコリーをたっぷり使ってコクのあるパスタです。
ブロッコリーのクリームパスタ

大根とグレープフルーツのサラダはちょっとおしゃれに盛り付けておもてなし感をだします。
この組み合わ、意外にあうんですよ。
大根とグレープフルーツのサラダ

ネギのスープ

かぜの予感がしたら、体の温まるスープが一番!

ネギスープ

ネギスープおじや スープに雑穀ごはんを入れたら朝食に体があたたまりますよ。

[材料(4人分)]
ネギ ……… 2本
しょうが ……… 1かけ
水 ……… 3カップ
スープの素 ……… 2個
しょうゆ ……… 小さじ1
塩 ……… 小さじ1/3
バター ……… 10g

[作り方]
① ネギは斜め薄切りにする。
② しょうがは皮をこそげ、せん切りにする。
③ 鍋にバターを温め、①、②をしっかりと炒める。
④ Aを加え、沸騰したらアクをとり、3~4分煮る。

[MEMO]
●ベーコンやハムをプラスするとうまみがまします。

ネギ焼き

ネギ焼き途中 ネギ焼き

大阪のふわふわ生地のネギ焼きです。2枚で1束、たっぷりネギを食べられます。

[材料(2枚分)]
九条ネギ ……… 1束
キャベツ ……… 50g
紅しょうが ……… 20g
天かす ……… 大さじ2
かつお節粉 ……… 小さじ2

A<小麦粉………100g、卵……2個、山芋(粉末)……10g、だし……200ml、塩……小さじ1/4>
油       ……… 適宜
具(豚肉、いか、えび、牛肉、牡蠣など)…… 100~150g
 <ソース> しょうゆ…大さじ1/2、お好み焼きソース…大さじ1、レモン(お好みで)

[作り方]
①ネギは小口切り、キャベツ、紅しょうがはみじん切りにする。
②Aの卵をほぐし、だし、塩とあわせる。小麦粉、山芋(粉)を振り入れて混ぜる。
③ホットプレートをあたため、②の生地を広げる。かつお節粉、キャベツ、紅しょうが、天かすを散らし、1/2量のネ ギをのせる。
④お好みの具をのせ、生地をかける。裏返し、火が通るまで押しながら焼く。
⑤しょうゆとお好み焼きソースを混ぜてぬり、お好みでレモン汁を絞る。

[MEMO]
粉末山芋がない場合は、山芋を50gほどすりおろして使います。
タレはしょうゆとみりんを合わせたり、お好み焼きソースを使ってもお好みで楽しめます。

しめさばとねぎのカルパッチョ

ネギ鯖カルパッチョ

しめさばと白髪ネギがよくあいます。

[材料(4人分)]
しめさば  ……… 1/2尾
ネギ(根深、赤ネギなど)……… 1本
ゆずの皮  ……… 少々
A<オリーブ油……大さじ1/2、しょうゆ……小さじ1、ゆずのしぼり汁……小さじ1>

[作り方]
①しめさばはそぎ切りにし、皿に並べる。
②ネギは5cm長さに切り、芯をのぞく。せん切りにし、水によくさらす。
③柚子は皮を薄くそぎ、せん切りにする。汁をしぼる。
④しめさばにネギ、柚子をもり、Aをかける。

[MEMO]
●ネギは緑の部分も使うと彩りがきれいです。内側の白いゼリー状のものはとり、緑の部分だけを使いましょう。また赤ネギを使うと赤、白、緑の3色になりきれいです。

ねぎのマリネ

ねぎマリネ 写真 左:下仁田ねぎ 真ん中:赤ねぎ 右:根深ねぎ

ネギをゆでて酢漬けにします。ネギの甘みを味わえる、日持ちのよいマリネです。
[材料(4人分)]

ネギ(根深、赤、下仁田ネギなど) ……… 3~4本
A<酢……カップ1/4、塩……小さじ1/3、粒こしょう……5~6粒、赤唐辛子……1本>

[作り方]
①ネギは4cm長さに切り、ゆでてざるにとる。
②Aを混ぜあわせてマリネ液を作り、①が熱いうちにつける。

[MEMO]
●切ってからゆでるので中が飛び出しやすくなります。少なめの湯でネギが大きく動かない程度の火加減でゆでると形よくゆでられます。
●水気をきるときも、強く押すと中が飛びでてくるので、はさむようにやさしく水をきります。
●赤ネギは発色してきれいなピンク色になります。

ねぎのみそ焼き

焼きネギ

ネギとみそは相性抜群。焼くと香ばしく、ネギの甘みも引き立ちます。

[材料(4人分)]
ネギ(根深、赤ネギなど) ……… 4本
A<みそ……大さじ2、砂糖……大さじ1/2、みりん……大さじ1/2、かつお節粉……小さじ1>

[作り方]
①ネギは葉を除き、グリルに入る長さにする。
②グリルで6~8分こんがりと焼く。Aを上部にのせ、乾かす程度に焼く。
③4~5cm長さに切る。

[MEMO]
●かつお節粉の変わりに削りかつお2g程度で代用できます。
●長いまま焼くと裏返す手間が省けて簡単です。切るときに中身が飛び出さないように注意しましょう。

野菜の学校 ねぎ

12月の野菜の学校のテーマはネギ。
野菜の学校ねぎ

長ねぎは東京でよくみかける根深ねぎのような千住群、大阪の九条ねぎのような葉ネギの九条群、下仁田ねぎのような加賀群に大きく分かれます。
種類も地方性もあり、同じねぎでも家庭には長ネギと万能ネギ両方おいてあることも多いのではないでしょうか。
私は中部地域の出身なので、ネギは葉の青い部分を食べるのが普通でしたが、東京へ嫁に来て青い部分をだしたら、
捨てろといわれ、ビックリしました。文化の違いですね。未だに青い部分をなかなか捨てられません。

野菜の学校では食べずらいとわかっていても、生のものもということで、小口切りで試食しましたが、
煮て美味しい下仁田、赤ネギなどは、生だと辛いだけでなく、苦いということがよくわかりました。
種類によって使い分けが必要な野菜ですね。

ネギには、新陳代謝をよくし、疲労回復、神経の鎮静化、不眠、体をあたためて冷えの改善などに聞きますから、
これからの時期、風邪気味かなとおもったらネギ料理をたっぷりたべて、ゆっくり寝るとよいかもしれませんね。

ソース親子教室をおえて 

ソース工業会の親子料理教室は、今回で4回。第1回目のとき、ベターホーム協会で開発を担当させていただきましたが、今回はフリーになったため、開発から教室実施まですべてを自分で担当させていただけました。
おかげさまで作り手の思いを自分の言葉でお話でき、来てくださった方と実際にお話したり、お教えできたりしたので、本当に勉強にもなり、思い出にもなり、楽しくお仕事させていただきました。

今回の料理教室の内容は、「見るだけでなく、自分たちの手で実習し、おうちでも作っていただける料理」を目指していたので、そのとおりのお言葉をいただいてうれしいです。フライやキャベツにかけるだけだったソースの新しい使い方もわかっていただけたようです。ピース

今までインフルエンザなどにかからぬように気が張っていたのがちょっと緩み、疲れがドッと出ていますが、怪我人がでることなく、楽しくお教室を終えられたことの喜びで、とても幸せいっぱいです。

この教室を開催してくださったソース工業会のみな様、一緒に企画、運営してくださったインターキッズ、サンケイリビング新聞社の方々、教室を支えてくださったホームメイド協会の多くの方々。そして、ずっと一緒に教室を手伝ってくれ、励ましてくれた山本先生、深く、深く感謝しています。

全国の参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

完全なソースマニアになりました。写真だけで28種類です。
今度味比べをする予定。どんなんでしょう??
ソース集合写真