若ごぼう

s-若ごぼう1  s-若ごぼう2

s-若ごぼう3 s-若ごぼう4


若ごぼうってご存知ですか?
関西ではポピュラーでも関東では??の食材ってたくさんありますよね。若ごぼうもそのひとつ。見た目はふきそっくりなんです。
でも味??ということでチャレンジしました。
根、茎、葉に使い方が別だということで、それぞれ料理してみました。
根…ひげ根をとり、きんぴらに ごぼうよりやわらかい味と食感です。
茎…ふきと同じようにゆでて薄皮をむき、青煮に。その後白和え衣を作ってあえてみました。ふきとは一味違います。
葉…ゆでてよく水にさらし、てんぷらに。

知らない食材をみるとつい買ってしまい、う~ん!と悩んで、でも楽しんでます。
スポンサーサイト

かにしゅうまい


暑くなる前にと今月はカニシュウマイ、白菜のクリーム煮、中華風の甘酢漬けを作りました。
蒸し物は敬遠されがちですが、蒸し器をだすのに慣れてしまえば、
焦げ付かず、おいしく料理できる優れた調理器具です。
ふんわり蒸しあがったシュウマイを一度食べたら、絶対に作りたくなること請け合い。市販のシュウマイはでんぷんが多く入っていて、形がしっかりしていますが、かたくてあまりおいしいものには出会えません。
手作りならふわふわのシュウマイができます。蒸したてをつまみ食いするのが、最高!!なんです。
教室でも盛り付ける前にみんなで一口。そのジューシーでおいしいことといったら◎◎。あー絶対家族に食べさせてあげたい!!。でした。

ミモザ



春らしい黄色のかわいい花をつけるミモザ。
ミモザには素敵な思い出があります。
ポルトガルに旅したとき、車で道に迷い、ガイドブックをもって現地の方に行く先をみせたのですが、英語は通じず、困っていました。
するとそのポルトガル人はついてこいと身振りを。案内してくれるんだと喜んでついていったのですが、30分以上も走ってもつきません。
でもまだついてこいと身振りで教えてくれます。それを信じてついて行くと、目的地についたんです。
普通30分以上もかかるとろこに先導してくれるなんて考えもしませんよね。そのやさしさ、親切な姿に感動!してしまいました。
お礼をどうしたものかと思って、持っていたワインを差し上げるととても喜んでくださり、かわりにドライにしたミモザをいっぱいくださいました。
今でもミモザをみると、親切なポルトガルの方を思い出し、心が温かくなります。私も親切であらねばと思わせてくれます。
素敵な花です。

ぼけの花


白、ピンク、ぼかしなど梅同じ時期に咲き始め、桜の頃まで咲いている可憐で上品なボケの花。
我が家には3種類のボケがあり、今年は2本が美しい花を長くつけて楽しませてくれました。寒ボケと春ボケがあるそうです。
秋にはどのくらい実をつけてくれるでしょうか。楽しみです。

ラックラク!カラダにおいしいおかず 09年春号


久しぶりにラックラクのお仕事をしました。お刺身とパスタとごぼうが担当です。
サーモンとアボカドのサラダ、たことペンネのサラダは特にきれいでおいしそう。いえいえおいしいですよ。
たたきごぼうのきんぴらも簡単で常備菜になるのでぜひ作ってみてくださいね。

オイルサーディン

ひこいわしが山盛りになって売られているのを見て、思わず買ってしまいました。とっても忙しいのに大丈夫なのか??とも思いましたが手作りしたいしたい病が出てきてしまい、つい。買ったからには作るしかありません。頭と内臓をとり、塩漬けしてからオリーブオイル、にんにく、唐辛子などと低温のオーブンに入れてじっくり加熱。
出来ました、やっぱりおいしい!!作ってよかったと、ワインをあけたのでした。
オイルサーディン