08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

おいしく、楽しくcooking

管理栄養士・料理研究家 M-cooking-studio主宰 松村眞由子のブログです。 家庭で手軽にできる毎日の料理、季節を活かした手作り食品のレシピ、旅で見つけた食材や料理など、日々の食の楽しみをつづります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

桜と大納言のシフォン 

今日は桜の満開を記念?し、桜の花のシフォンにしました。
日本一高い、ぬれ甘納豆を入れて春の味。

IMG_1368.jpg

今回はベーキングパウダーを入れないで焼いてみましたが、入れたときとまったく変わらず
しっかり膨らみました。いったい今までなんだったのだろう??と。
添加物なしの理想的なシフォンの出来上がりです。

忙しいときほど、やらなくてもいいことをするのはいったいどうしてなのでしょうね。
スポンサーサイト

Posted on 2013/03/23 Sat. 15:03 [edit]

category: 手作り食品

TB: 0    CM: 0

23

ブロッコリーのシフォン 

野菜の学校のスタッフに、野菜のシフォンを頼まれて試作。
クロロフィルはアルカリできれいになると思い立ち、緑野菜に挑戦。
ちょうどゆでてあったブロッコリーを刻んで軽く乾燥させ、粉チーズと黒こしょう、塩を加えてみました。
あわてていたので、キメがあらいのですが、出来は上々。
野菜のシフォンはかぼちゃに続き2作目。次は人参に挑戦する予定。レパートリーがふえそう。

ブロッコリーのシフォン2

Posted on 2013/03/13 Wed. 16:05 [edit]

category: 手作り食品

TB: 0    CM: 0

13

切り干し大根 

今年は農家さんから大根やニンジンをたくさんいただいたので、切り干し大根を作りました。
太いスライサーでせん切りして、梅干し用のざるに広げて3日。
あの1本2キロの大根が、こんなに少しの切り干し大根になりました。
売っている切り干し大根は安いんだな~。とつくづく。
真っ白に仕上がった切り干し大根がとってもいとおしいです。
ハリハリ漬けでもつくりましょう!

IMG_1279.jpgIMG_1282.jpg

Posted on 2013/01/15 Tue. 17:13 [edit]

category: 手作り食品

TB: 0    CM: 0

15

うどの花 

「うど」はお好きですか?
軟白栽培されたうどは東京名産品。特に、立川、国分寺などが産地です。
11月に行われる国分寺祭りでは、立派なうどが出品され、もちろん購入することもできます。
以前撮影でうどがどうしても必要なときに、近所の農家の方にお願いしたのですが、
品評会にだすまで光を当てたくないので、出せないといわれたことがあります。
みんさん頑張って作っています。

先日お隣さんが、たまたま近所の100円農家で「うどの花」を見つけたといって買ってきてくれました。
IMG_1009.jpg

私もこれは初めて。こんなに緑緑していて、つぼみがついています。うわ~にがそう!
いつもの白いなよなよした面影はなく、なんだかチカラ強いです。
IMG_1011.jpg

天ぷら、きんぴら、酢味噌和え、酢の物などと書いてありますが、まずはアクをとるため、
ゆでてみました。
とてもきれいな色になりましたが、ちょっと苦くて、これはお浸しは無理だな。
ということで、我が家では、1cmくらいに切り、佃煮風に砂糖、しょうゆ、みりんで
煮汁がなくなるまで煮てみました。
う~ん。これならウマイ。ほろ苦くてうどを凝縮したような味ですが、
そうそう、ふきの佃煮のような仕上がりになりました。ごはんにあいます。
うどの花もこんな風に食べられるのにびっくりです。


Posted on 2011/10/31 Mon. 16:20 [edit]

category: めずらし野菜

TB: 0    CM: 0

31

干し柿 

秋も深まり寒くなってきました。
産直市場で、渋柿を見かけたので今年も干し柿をつくることにしました。

子供のころから干し柿は家で作っていて、母や姉たちと皮をむき、紐で2個ずつしばって軒下に干したことをよくおもいだします。
干し柿は状態が日々変化し、色が濃くなり、小さくなり、最後は粉をふいて小さくなっていきます。
それを元旦の朝、お餅と重ねてたべ、お茶を飲む。「はがための餅?」と言っていたような気がします。
今から思うと不思議な風習です。
私はつるし始めて2~3週間ごろでしょうか、柔らかくて種の周りがツルっとした状態が大好き。
母の目を盗んで柿を食べるのですが、2つずつなので姉を誘惑して食べたことを思い出します。
懐かしい思い出です。

数年前、木曽へ行ったときに富士山柿を見つけ、思わず買ってきて干し柿を作りました。
夫もとてもよろこび、以来毎年少量ですが作っています。
今年は「百目柿」という柿を見つけたので、これで作りました。
IMG_1005.jpg
富士山柿に比べて小型です。2袋買ったのですが奇数だったため、1つは焼酎をかけてずくし柿にしています。
ずくし柿は「じゅくし柿」ぐじゅぐじゅに熟した柿で、ゼリー状の果肉、種の周りのつるっと感が結構好き!
でもこれは嫌いな人も結構います。なので自分用のみ。楽しみです。

むいた柿はやはり2個ずつタコ糸でしばり、洗濯干しに並んでいます。
IMG_1006.jpg
IMG_1007.jpg
まだ渋いので、鳥も虫も来ないでしょうが、甘くなると頭の良い鳥たちが狙います。
たべられないよう、もうすぐ水切りネットをかけなくちゃ。

日々小さくなる柿をみて、幸せな気分です。

Posted on 2011/10/24 Mon. 16:01 [edit]

category: 手作り食品

TB: 0    CM: 0

24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。