タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おいしく、楽しくcooking


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

うどの花

2011.10.31(16:20) 221

「うど」はお好きですか?
軟白栽培されたうどは東京名産品。特に、立川、国分寺などが産地です。
11月に行われる国分寺祭りでは、立派なうどが出品され、もちろん購入することもできます。
以前撮影でうどがどうしても必要なときに、近所の農家の方にお願いしたのですが、
品評会にだすまで光を当てたくないので、出せないといわれたことがあります。
みんさん頑張って作っています。

先日お隣さんが、たまたま近所の100円農家で「うどの花」を見つけたといって買ってきてくれました。
IMG_1009.jpg

私もこれは初めて。こんなに緑緑していて、つぼみがついています。うわ~にがそう!
いつもの白いなよなよした面影はなく、なんだかチカラ強いです。
IMG_1011.jpg

天ぷら、きんぴら、酢味噌和え、酢の物などと書いてありますが、まずはアクをとるため、
ゆでてみました。
とてもきれいな色になりましたが、ちょっと苦くて、これはお浸しは無理だな。
ということで、我が家では、1cmくらいに切り、佃煮風に砂糖、しょうゆ、みりんで
煮汁がなくなるまで煮てみました。
う~ん。これならウマイ。ほろ苦くてうどを凝縮したような味ですが、
そうそう、ふきの佃煮のような仕上がりになりました。ごはんにあいます。
うどの花もこんな風に食べられるのにびっくりです。



スポンサーサイト

おいしく、楽しくcooking


タイトル画像

ポポー

2010.10.20(15:08) 176

ポポーって、ご存知ですか?

原産は北アメリカ東部の中~北部地帯で、バンレイシ科。
以前、庭の木を入れ替えるときに、食い意地のはっている我が家の候補になった木です。
耐寒性が強く、ほとんどの地方で栽培ができる果樹だそうです。でも、どんな果実が実は食べてみたことがなく、耳学問だったのですが。

めちゃくちゃ忙しい仕事の山を越えたご褒美に、草津の湯に浸かった帰り、
生産農家の市場で見つけたんです。ポポー。写真でみていたので、果実の形は知っていましたが、
どんな味なのか興味深々。
果実に強いエスニックというか南方系の香りがあります。すごい香り。好き嫌いが分かれるかも。

IMG_6876.jpg
見た目は緑色~黄色になった「あけび」みたいです。
色が茶色になったものから食べてくださいと言われました。

皮をむいてみると
IMG_6877.jpg
マンゴーのようです。
中はタネが並んでいます。
IMG_6878.jpg

味はバナナと梨をたしたみたいかな?ドリアンみたいかも。
ジャムできるかな?種はポポー酒にチャレンジしてみます。
どんな味のができるか楽しみです。

生以外の食べ方をご存知の方、ぜひおしえてくださいね。



おいしく、楽しくcooking


タイトル画像

若ごぼう

2009.03.20(09:01) 120

s-若ごぼう1  s-若ごぼう2

s-若ごぼう3 s-若ごぼう4


若ごぼうってご存知ですか?
関西ではポピュラーでも関東では??の食材ってたくさんありますよね。若ごぼうもそのひとつ。見た目はふきそっくりなんです。
でも味??ということでチャレンジしました。
根、茎、葉に使い方が別だということで、それぞれ料理してみました。
根…ひげ根をとり、きんぴらに ごぼうよりやわらかい味と食感です。
茎…ふきと同じようにゆでて薄皮をむき、青煮に。その後白和え衣を作ってあえてみました。ふきとは一味違います。
葉…ゆでてよく水にさらし、てんぷらに。

知らない食材をみるとつい買ってしまい、う~ん!と悩んで、でも楽しんでます。


おいしく、楽しくcooking


めずらし野菜
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. うどの花(10/31)
  3. ポポー(10/20)
  4. 若ごぼう(03/20)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。