10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

おいしく、楽しくcooking

管理栄養士・料理研究家 M-cooking-studio主宰 松村眞由子のブログです。 家庭で手軽にできる毎日の料理、季節を活かした手作り食品のレシピ、旅で見つけた食材や料理など、日々の食の楽しみをつづります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ボケ酒 

春にかわいらしい花をさかせるボケ。梅と少しちがう白とピンクのグラデーションのある木が何本か庭にあります。花後、実をつけ、秋には黄色になってきます。
IMG_1001.jpg
このボケの実は果実酒にすると梅酒やあんず酒に少し似た香りで、少し渋みのある果実酒ができます。
疲労回復、整腸作用、精神安定、利尿、冷え性によいとか長寿によいとのこと。

皮を良く洗い、種ごと1cmくらいの厚さに切って氷砂糖とホワイトリカーで漬け込みます。
IMG_1002.jpg
実は硬いのですが、リンゴのような梨のような感じです。生ではたべられないとのことで、
果実酒かジャムを売っているところもあるようです。
2年前のボケ酒が少し甘みが少なかったので今年は
ボケの実    550g
氷砂糖     300g
ホワイトリカー 700ml
で漬けてみました。
IMG_1003.jpg

容器の大きさをみて、適当につくっているので、今年はどんな味になるでしょう。
琥珀色のボケ酒になるのには、まだまだ時間が必要です。ゆっくり待ちましょうっと。


スポンサーサイト

Posted on 2011/10/20 Thu. 16:00 [edit]

category: 果実酒

TB: 0    CM: 0

20

桂花陳酒 

きんもくせい酒の続きに、中国酒の「桂花陳酒」を作ってみたくなりました。
きんもくせい酒と同様に花を摘み、今度は白ワインにつけました。
白ワインは安いもので十分。甘みのあるワインなら不要ですが、ほんの少し砂糖を加えると売っている桂花陳酒に近い気がします。
ワインはアルコール度数が低いので、冷蔵庫で保存し数日で飲んでしまったほうがよいようです。
きんもくせい酒より、はかない今だけの楽しみです。

<材料>
きんもくせいの花………10g
白ワイン………300ml
砂糖………お好みで小さじ1~2

<作り方>
きんもくせい
1.花が咲き始めの頃に花のみを摘む。
さっと水洗い
2.さっと水洗いし、よく水気をふきとる。(洗わなくてもよいと思えるなら、洗わないほうがよいようです)
桂花陳酒1
3.白ワインに花を加え、3~4日冷蔵庫に入れます。翌日でも香りはかなり移っていました。好みでお砂糖を少量
桂花陳酒2
4.こす。(早めに飲みきってくださいね)

<メモ>甘めのワインの方がむいている気がします。その際は砂糖は不要です。

Posted on 2009/10/13 Tue. 17:39 [edit]

category: 果実酒

TB: 0    CM: 0

13

きんもくせい酒 

今日は連休最終日。お天気もよく、公園へ散歩に行きました。どこへ行っても「きんもくせい」の香りが漂い、とても素敵です。
「きんもくせい」はワインにつけると中国酒の桂花陳酒。私はこの時期「きんもくせい酒」をホワイトリカーで作ります。
花の香りがしてくる頃になると、気がはやります。きんもくせい酒は花が開ききる前の、咲き始めのころの花がよいといわれているためです。去年は木に張り付いて花をとりましたが、とてもシンドイので、今年はずるをして枝ごときり、カップ1杯ほどの花をとりました。
最初は金黄色のきんもくせいの色ですが、日ごとに濃い色にかわります。なんといっても香りがすばらしく、このまま食後酒として、杏仁豆腐のシロップに混ぜる、牛乳に入れるなどいろいろな使い方ができます。
今しかできない「きんもくせい酒」作ってみませんか?

きんもくせい酒
<材料>
きんもくせいの花 ……… カップ2(50gくらい)
ホワイトリカー   ……… 300ml
氷砂糖       ……… 50g

<作り方>
きんもくせい
1.花が咲き始めの頃に花のみを摘む。
さっと水洗い
2.さっと水洗いし、よく水気をふきとる。(洗わなくてもよいと思えるなら、洗わないほうがよいようです)
漬け込み状態
3.ビンを少量のホワイトリカーで消毒し、花、リカー、氷砂糖を入れる。

4.一ヶ月ほどしたら花をこす。

1年後
5.1年たった状態です。色はとろりとしたブランデー香りはきんもくせいです。少し甘めなので、ドライがすきなら砂糖を30~40g程度にしてみてください。

Posted on 2009/10/12 Mon. 16:14 [edit]

category: 果実酒

TB: 0    CM: 0

12

ボケ酒 

春にかわいい花の咲くボケは、秋なると大きな実をつけます。
この実を使って果実酒を作りました。初めてなので、どんな味になるか興味津々。でもちょっと不安。実を残してもしょうがないので庭でとれたボケの実を全部使っちゃいました。ビンもいつものお試し用のビンなので、ボケの割合が少し多いようです。ま、いいか。

材料
ボケの実   300g
氷砂糖    100g
ホワイトリカー  450g

作り方
実は洗って1cm厚さにスライスする。
ビンにすべての材料を入れる。

Posted on 2008/10/08 Wed. 08:52 [edit]

category: 果実酒

TB: 0    CM: 0

08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。