10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

おいしく、楽しくcooking

管理栄養士・料理研究家 M-cooking-studio主宰 松村眞由子のブログです。 家庭で手軽にできる毎日の料理、季節を活かした手作り食品のレシピ、旅で見つけた食材や料理など、日々の食の楽しみをつづります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

2016年 おせち 

今年もまたまたおせちを作りました。
かまぼことこはだの粟漬け以外は手作りです。
毎年作るものの、来客があるわけではなく、食べるのは、夫のみ。
今一つやる気に欠けるのですが、30年来作り続けてきて、作らずに正月が迎えられるはずもなく
やっぱり作っています。

今年はお向かいのS家に少したべていただけたので、うれしかったです。
やはり作ったものを食べていただけるのは、幸せです

一の重 左列:手綱かまぼこ、田作り、数の子、中列:黒豆、柚子きんとん、ゆり根の真砂茶巾しぼり、のしどり 右列:えび入り伊達巻、海珊瑚の甘酢漬け、青豆だし漬け
おせち2016
二の重 左隅松前漬、ぶりの照り焼き、えびの鬼がら焼き、鯛なます、ゆり根の梅酢づけ、こはだの粟漬け、赤カブの甘酢漬け田たたきごぼう
おせち20161JPG
三の重 煮物 高野豆腐、里芋、八つ頭、生梅麩、梅花にんじん、ごぼうの八幡巻、管ごぼう、手綱こんにゃく、ぎんなん、絹さや、(入れ忘れた亀甲しいたけ、花れんこん)
おせち20162

お向かいさんにおすそ分けで、食べていただいたおせち詰め合わせ。息子さんが骨折したので、
たんぱく質、カルシウム中心に。
おせち20164
スポンサーサイト

Posted on 2016/01/05 Tue. 12:29 [edit]

category: 我が家のおもてなし

TB: 0    CM: 0

05

春の和食 

大学の学部長秘書だった時代、隣の研究室の助手さんだった妹分が遊びに来てくれました。
なんと30年前からの付き合い。
ご主人がフランスのリヨンへ赴任されていた時には、ずうずうしくお泊りさせていただき、
すてきなレストランで食事をごちそうになりました。
今でも忘れられない、ピカイチのレストランです。

何十年もお互い忙しくて会えなかったのですが、FBでつながりようやく再会。
久しぶりにあったとは思えないほど、楽しい1日でした。

春のおもてなし料理
KIMG0102.jpg
鯛の昆布締め、あじのしそ巻、トマトのめかぶとろろ
やりいかのさっと煮、蕾菜めんたい、手羽の肉ばさみ甘辛煮、蚕豆、新じゃがと豚肉のコックリ煮

KIMG0105.jpg
筍ときのこの煮物、姫皮と青菜のあえもの、鰆の紙包み焼き、アナゴ袱紗ずし、おすまし

KIMG0106.jpg
桜のシフォン、愛媛産ブラッドオレンジと不知火のジュレ、桜最中、イチゴと抹茶アイス添え

また来てね!




Posted on 2014/04/17 Thu. 09:21 [edit]

category: 我が家のおもてなし

TB: 0    CM: 0

17

後輩のお疲れさま会 

以前勤めていた会社の後輩が、先月退職。
2児の母の上に、遠距離通勤、超ハードな仕事をこなした頑張り屋さん。本当にお疲れ様でした。
心ばかりの慰労会を元同僚といっしょに楽しみました。
みな管理栄養士という作り手としては怖いメンバーに対して料理をお出しするのは、ちょっと緊張!
なので、最後のカニピラフはこげちゃった!!!残念。
おいしい?料理とたわいもない会話、気の置けないメンバーで少しは癒されるといいな。

前菜盛り合わせ①
シシャモのマリネ。かにのサワークリームディップ、フルーツトマトの玉ねぎドレッシング、
山クラゲの甘酢、アワビのエスカルゴ風
KIMG0089.jpg

前菜盛り合わせ②
牡蠣と春菊のミニグラタン、ごま漬けぶり、紅芯大根のスープ
KIMG0090.jpg

メイン
スペアリブの野菜煮込み
KIMG0091.jpg

ごはんもの
丸ごと毛ガニのピラフ
KIMG0092.jpg

デザート盛り合わせ
不知火のジュレ
抹茶シフォン 桜クリーム添え
春のクリーム最中 イチゴ
KIMG0093.jpg

Posted on 2014/03/13 Thu. 09:15 [edit]

category: 我が家のおもてなし

TB: 0    CM: 0

13

自宅でお茶会 

今から○十年前、大学時代は茶道部に入っていまいした。特に3年生のときは、毎日、毎日お茶漬け、いえいえ、お抹茶漬け。。(ご飯サラサラではありません)

茶道部って何するの?と思いますよね。 みんなで集まってお茶のお稽古をするだけではなく、3年生ともなると後輩の指導、部やお茶会の企画、運営、他大学のお茶会へ行く、もちろん自分のお稽古。自分のお稽古は学校の茶室だけでなく、先生のご自宅へ伺ってのお稽古もあります。先生のご自宅でお茶事をしていただくこともありました。
なので、本当にお茶三昧。

でも茶道部に入って一番よかったのは、今でも集まって気兼ねなく語れる友人がいてくれることかも知れません。結婚、子育てとあえない時期はありましたが、子供も成長して自分の時間が持てるようになると、自然にまた集まる機会が増え、楽しみも増えました。

ということで、お茶会もどきを我が家ですることになりました。
元気ならば、茶懐石を作るのですが、今回は私の体調不良で向付と椀ものしか準備できませんでしたが、友人が素敵な和菓子を作ってきてくれました。
s-IMG_0134.jpg  s-IMG_0135.jpg
s-IMG_0137.jpg  s-IMG_0140.jpg s-IMG_0138.jpg
(最後の写真はどうしても回転できず!!せっかくの山が横向きに…ごめんなさい)
どれも春らしいお菓子ばかりで、これが手作りできるなんて、すばらしい!!です。お味もバッチリ。お抹茶もとても美味しくいただきました。
        

さて、お手前はと?いえば、さぞかし身についているかと思えば、残念ながら○十年も離れてしまうと、右にまわすか、左に回すか?迷ってしまうほど。まあ、はずかし~!
でも、驚くことに袱紗捌きは体が覚えているんですね。
お茶をたてる順番やちょっとしたことは忘れてしまっても、なんとなく所作は覚えていて、体が自然に動くんです。
いや~人間って不思議です。ボケ防止にまた時々やろうと思っています。
今度は茶懐石も作って楽しみましょ。


Posted on 2010/04/08 Thu. 09:30 [edit]

category: 我が家のおもてなし

TB: 0    CM: 0

08

帰国パーティ 

土曜日に以前の職場の後輩がアメリカから帰国した歓迎会をしました。

とても素敵で美しい友人が集まりました。
おもてなし料理は献立を立てるまでが大変。何にしようか、以前は何をお出ししたか?など
悩みます。
今回は「大人の野菜が食べたい」「野菜がたっぷり食べたい」というテーマをいただいたので、
とても献立が立てやすくなりました。

ちょうと伊豆へ買出しに行き、わさび、ふきが手に入ったので、
わさびしょうゆ漬け、三杯酢、わさび漬けなどいろいろな前菜をつくりました。
銀杏、赤ネギ、アイスプラント、くわいなど、大人の野菜たっぷりです。
試作も入れさせてもらいました。笑顔

今年はバタバタしてあまりお客様をおよびできませんでしたが、久々に献立をたて、
いろいろ作れて楽しかったです。
わさび漬けが意外に人気。簡単に作れ、手作りで添加物もなく、自分流に味が調整できるのでいいですね。
大吟醸の酒粕がある時期のおススメ手作り食品です。
そのうち作り方もアップしますね。
献立表


前菜  前菜

タジン いろいろ野菜のタジン蒸し

Posted on 2009/12/21 Mon. 17:14 [edit]

category: 我が家のおもてなし

TB: 0    CM: 0

21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。